男の肌質の種類

男の肌質の種類
女性は肌質によって、使うスキンケアの種類も変わります。
そのため女性のスキンケア用品は、ものすごい種類がありますよね

 

でも男性用のスキンケア用品は、それほどラインアップが無いように感じませんか?
でも男性も、実は肌質によって本来はスキンケアを変えなければならないのです。

 

今回は、男性の肌質について見ていきましょう。

 

女性の肌質の種類

男の肌質の種類
女性は主に、「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「敏感肌」の4つに分かれます。
ですが、圧倒的に多いのは「乾燥肌」。冬に限らず、1年中乾燥に悩まされるのが乾燥肌の人です。

 

 

男性の肌質の種類

男の肌質の種類
実は、男性の肌質の種類も女性と同じ4つに分かれます。
ですが、女性に比べると乾燥肌よりも「脂性肌」で悩んでいる方の方が比較的多いです。
では、男性の肌質の種類とその対処法について、詳しく見ていきましょう。

 

脂性肌

男の肌質の種類
脂性肌は、いわゆる「脂ぎった肌」の事です。
常に肌の表面が脂でテカり、酷い場合には触るとかなりヌルつきます。

 

見た目が良くないのはもちろん、年を重ねると脂はニオイの原因にもなってしまいます。

 

対策

脂性肌の方はとにかくサッパリさせようとする傾向がありますが、実は保湿も重要です。
まず洗顔は、さっぱりタイプのものを使用し、良く泡立てて毛穴の中までスッキリ洗うようにしましょう。

 

そしてその後、化粧水をたっぷり使って保湿し、乳液で保護してください。
脂性肌の方は乳液を敬遠しがちですが、脂性肌の原因の一つに乾燥があります
お肌が乾燥してしまう事で、肌の表面を保護しようとして皮脂がより多く分泌されてしまうのです。
脂性肌の方こそ、保湿はしっかりしましょう

 

乾燥肌

男の肌質の種類
乾燥肌はわかりやすいですね。肌がつっぱったり、酷い場合には粉をふいたりしてしまいます。
特に男性はひげそりをしますから、乾燥していると痛みの原因にもなります

 

対策

対策はとにかく保湿をしっかりする事。
化粧水の後は乳液はもちろん、寝る前であればクリームも追加するとより万全です。

 

また、化粧水も保湿力の高い物を選び、場合によっては女性用を使用するのもオススメです。

 

混合肌

男の肌質の種類
夏は脂っぽいけど冬は乾燥、または鼻の周りは脂っぽいのにアゴは乾燥など、乾燥肌と脂性肌が混ざったものが混合肌です。

 

対策

お肌が不安定になるのは、お肌が健康でないのが原因です。
基本的には乾燥に合わせたスキンケアをするため、保湿をしっかりするのはもちろん、食生活や睡眠時間なども見直してください

 

敏感肌

男の肌質の種類
日焼けやスキンケアの変化、ひげそりなど些細な事でお肌が荒れてしまうのが、敏感肌です。

 

体質的なものがほとんどで、小さい頃からお肌の悩みが尽きない人も多いですね。

 

対策

専用の敏感肌用のスキンケアを使用しましょう。(男女関係なく、敏感肌用のスキンケアラインアップはあります。)

 

もしそれでもダメな場合は、皮膚科で相談して低刺激のものを使用しましょう。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

男性も色々と肌質の違いがあります
自分はいったいどのタイプなのか見極め、適切なスキンケアをするようにしましょう。