男は何故、加齢臭を発するの?

 

男は何故、加齢臭を発するの?
30代も後半になってくると、気になり始める加齢臭。
特に働く男性は、汗をかいたりすると尚更気になりますよね。

 

この加齢臭、なんでこんなに男性は気になるのでしょうか?今回は加齢臭について見ていきましょう。

 

 

加齢臭とは?

男は何故、加齢臭を発するの?
加齢臭とは、いわゆる「老人のニオイ」「おじさんのニオイ」と言われる独特のニオイで、「古本のよう」「ろうそくのよう」と形容される事も多いです。
その臭いの強さは人それぞれで、中には当然臭いが全く無い人もいます
本来は女性にもあるのですが、男性のほうが臭いが強く、加齢臭のある人が多いと言われています。

 

加齢臭の原因は?

男は何故、加齢臭を発するの?
加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。これは皮脂線から出る物質で、首周りを中心とした上半身で多く分泌されます。
なので加齢臭は、襟元やお腹、背中、耳の裏などから発生している事が多いです。
このノネナールは、不規則な生活習慣やタバコ、お酒、高血圧などが原因で増えます。なので生活や食生活が乱れている人は、加齢臭が強くなる傾向にあります

 

男性の方が加齢臭が強いのは何故?

男は何故、加齢臭を発するの?
では何故、男性の方が加齢臭が強くなるのでしょうか。
加齢臭の元になるのは、先程ご紹介したノネナールです。このノネナールは、皮脂線から皮脂と共に分泌されます。
ところが女性は、男性よりも元々皮脂の分泌が少なく、また体温が低いため臭いが出づらくなっています。更に汗臭さなども男性に比べ少ないので、女性は加齢臭が男性に比べ少ないと言われています

 

とは言え、女性も加齢臭が全く無い訳ではありませんから、注意が必要です。

 

加齢臭を防止するためには?

男は何故、加齢臭を発するの?
加齢臭を防止するには清潔に保つ事が大事ですが、ノネナールはシャワーなどでは簡単には落ちません。
まずは生活を見直し、不規則な食事をやめたり、タバコをやめたりすれば、ニオイは少しずつ弱くなります。ですが、一度発生してしまった加齢臭をゼロにするのはかなり難しいです。

 

だからこそ、若い内から加齢臭を防止するために、規則正しい生活と食事を心がけるようにしましょう!