冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を

冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を
お肌の悩みと言えば、乾燥ですよね。
乾燥はシワやくすみも引き起こす、お肌のトラブルの最重要ポイントとも言えます。

 

特に冬は、お肌の乾燥がより進みます。今回は冬のお肌のお手入れについてご紹介しましょう。

 

冬は乾燥の季節

冬はお肌が乾燥します。理由は以下の通りです。

 

    冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を

  • 気温が低く湿度が低い
  • 暖房の使用により室内が乾燥
  • スキンケア用品が冷え、浸透しづらい

 

だからこそ、冬は保湿対策が重要になります

 

 

保湿のポイント

とは言え、間違った方法でスキンケアをしてしまうと、かえってお肌が乾燥してしまう原因にも
具体的に保湿のポイントを見ていきましょう。

 

 

 

@洗顔はしっかり

冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を
洗顔は水分を奪う、と思ってしまい、冬は洗顔を怠ってしまうという方を見かけます。実は、洗顔でしっかり皮脂や汚れを落とさないと、かえって乾燥を引き起こしてしまいます

 

というのも、お肌の上に余分な皮脂や角質があると、いくら化粧水をつけてもお肌の中に浸透していきません。化粧水を浸透させるには、まずしっかり洗顔で余分なものを取り除く必要があります。

 

A化粧水は質より量

冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を
「高い化粧水をちょびっと」使う方はいませんか?
化粧水は、とにかくたくさん使ってお肌をひたひたにするのがポイントです。
いくら高い化粧水を使っても、お肌がひたひたにならなければすぐに乾燥してしまいます。

 

安いもので構いませんので、たっぷり使うようにしましょう。(もちろん高い化粧水をたっぷり使うのもOKです!)

 

B化粧水を入れる目安は「ひんやり」

冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を
化粧水の浸透のサイン、ご存じですか?
手で触った時にひんやりと感じ、手にお肌が吸いつく感じになれば浸透完了のサインです。

 

すぐに表面がサラっとしてしまったり、お肌が温かい状態であれば、まだまだ浸透が足りません。

 

C乳液・クリームは欠かさない

冬は乾燥の時期!念入りに保湿対策を
しっかり保湿した所で、お部屋は乾燥しているのですぐに水分は奪われてしまいます。

 

化粧水をたっぷり入れたら、必ず乳液とクリームで蓋をしてあげましょう。
こうする事で、たっぷりお肌に浸透させた化粧水が逃げません。

 

 

いかがでしょうか?
冬はお肌の乾燥が気になる季節。
ぜひこのような念入りな保湿対策で乗り切りましょう!